• ホーム
  • EDの症状が発現しているときは治療薬の情報を

EDの症状が発現しているときは治療薬の情報を

年齢を重ねるなどが原因となって、勃起不全の症状が発現することがあります。
勃起不全を含めて、勃起機能が低下している症状を全般的にEDと言います。
EDを発現していると、性行為において問題が生じますので、自分だけのことではなく、性行為の相手にとっても大きな問題になると考えられます。
EDの原因は1つだけではありませんので、様々な情報を得ておく必要があります。
EDには生活習慣の乱れによって引き起こされる場合や、加齢によるもの、心因性の要因によって発症するもの、怪我や薬の影響によるものなどがあります。
自分自身でどのような原因によって勃起不全になっているのかわからないときには、専門治療を行っている病院で検査を受けることも可能です。
専門病院を受診することでEDの原因を把握したり、ED治療薬の処方を受けることで改善できる可能性が上がります。
治療薬としてはバイアグラやレビトラ、シアリスが処方されることになり、勃起を抑制させる作用のある酵素の働きを阻害する成分が配合されていますので、勃起を促進させる効果があります。
陰茎の海綿体の血管を拡張させることで、血液が十分に流れ込むようになることで勃起を促すことができます。
自分にとってどのED治療薬が適しているのか判断するために、十分に情報を得ておくことがおすすめです。
知名度の高いものがバイアグラですが、バイアグラは持続時間が短いために、服用してから早めに性行為を行わなければなりません。
レビトラは即効性のあるタイプで、服用してから早めに効果が実感できます。
シアリスは20mgのものであれば、最長で36時間効果が継続しますので、服用してからかなりの時間が経過した場合であっても、性的刺激を受けることで勃起することができるので、安心して利用できる治療薬となります。