EDにならないために

満足する男性

勃起が果たされるためには、まずは十分な性的刺激を受取ることが必要です。
そしてその刺激が神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈は拡張されます。
そこに十分な量の血液が勢いよく流れ込むことで、陰茎海綿体が膨張すると言うのが勃起です。
EDは、この一連のどこかに、あるいは複数に支障が生じることで出やすくなります。
ですからEDにならないためには、その要因となり得る支障を発生させないことが必要です。
まず心に関することとしては、ストレスを感じ過ぎないこと、性的事柄に対して悩みなどがある場合は、それを解消しておくことが求められます。
性的刺激を感じることは、勃起の第一段階、いわばスイッチとも言える事柄です。
ですからストレスや性的事柄に対する悩み、嫌悪感などがあるとそのスイッチが入りにくくなってしまう恐れがあります。
自分ひとりで解消するのが難しい場合は、パートナーや専門医の力を借りることも必要です。
次に体に関することとしては、特に神経や血管の病気、ケガに気をつけると言うことが必要です。
またたとえ明らかな症状などがなくても、糖尿病や高血圧などは生活習慣の積み重ねによって、その一歩手前になっていると言う状態も多くあります。
ですから、そのような状態を防ぐためには食生活に気を配り、規則正しい生活習慣を送ることも求められます。
食事に関しては、血流を促進させる作用がある野菜や魚類を意識的に食べるようにして、また適度な運動習慣を持つことも必要です。
飲酒は適度な量であれば血流促進効果が期待できますが、喫煙に関しては百害あって一利なしです。
神経や血管に対するダメージが蓄積されEDの引き金となることも多いので、止める努力した方が賢明です。
何に対しても言えることですが、EDにならないためにも心身共に健やかでいることを心がけるのがいちばん効果的です。

最近の投稿
アーカイブ